Sくんとラブ&ピース   目黒区立月光原小学校  鈴木陽子

b0013004_0194015.jpg今日もSくんはひたすらモノクロームのロボットを描き続けています。白い画用紙に黒い絵の具で描かれるロボットはどんどん増え、そこに登場するのは時にはハイエナ、宇宙船、かいぶつ、王様・・・。Sくんはモノクロームの世界につぶやきかけながら実に幸せそうな表情でいつも図工の時間を過ごしていくのです。
かたや絵の具のローラー遊びに夢中になっている子どもたちは、汗をぽたぽた落としながら、けなげにも暑いなどとはひとこともこぼさずに、生まれてくる色や形の世界とかかわり続けています。ときおり交わすSくんとロボットと私の会話を聞き流しながら、子どもたちの目が何とも優しいのでした。子どもたちみんなにとって、私にとってとても豊かな時が流れているように感じました。「Sくん給食の時間よ」「うん、もうちょっと」
[PR]
# by zukodaisuki | 2004-09-10 00:14 | 図工における Love & Peace

図工室のラブ&ピース  目黒区立駒場小学校 中村 夏実

 子どもは成長に伴い日々子どもらしく揺れて、うごめいています。そしてその正や負のエネルギーを携えて図工室にやってくると、様々な素材に体当たりし、抵抗したり、再度挑戦したりを繰り返しつつ楽しんだり苦悩したりしていると思います。
私はというと『子ども達一人ひとりの日常の生活から生まれて来る形や色合いに豊かな子どもの可能性や美しさを見出し、子ども達自信は充実した経験と時間の中で、何かを表現し何かを感じ自己肯定できる。』こんな図工の時間を手探りしながら毎日教室に向かっています。しかしあたりまえの様なこの日常もままならない地域や情況があることを耳にするにつけ、造形に熱中する子どもの姿に未来を見つけられることを大切にし、その世界から勇気をもらえる事を期待してやみません。
[PR]
# by zukodaisuki | 2004-09-10 00:13 | 図工における Love & Peace

「子どもと私のラブ&ピース」  町田市立町田第四小学校 岡田 京子

b0013004_021212.jpg廊下で会ったら、意味もなく、うなずきあう。
「なんとなく、顔見に来ただけ。」と言ってフラッと立ち寄る。
人と人との、あたたかいふっとした瞬間の空気が流れるとき、
それは、とてつもなく大きな、ラブ&ピース。
私は図工を通して子どもと関わっている。
図工の時間、毎回充実したいい時をすごす。
この時間がずっと続くといいと思う。
造形を通し、自分も大切にするし、人も大切にする。
これが繰り返せる環境、これが図工室でのラブ&ピース。
子どもの時代に、そんな思いを積み重ねてほしいと思っている。
そして、その環境を整えるのが私の仕事。
4月に新しい学校へ異動してきて、新しい子どもとの関係が始まった。
今はお互いに探り合いの状態。思わぬことも多々おこる。
これから、どんどん時間を積み重ねていき、
子どもも私もぐんぐんラブ&ピースに育っていきたいと願っている。
[PR]
# by zukodaisuki | 2004-09-10 00:11 | 図工における Love & Peace

八王子市立高嶺小学校   時任 勝

b0013004_0175782.jpg
世界のあちこちで争い事が起きている。たくさんの命がうばわれている。かれることのない涙が流される。
 遊べる、学校に行ける、塾や習い事に行けるし、食べる物がある。夜はゆっくり寝ることができる。先生はみんなと図工ができる。ここに、こうして生きている私やみんな。なんでもなく感じるこんな毎日を平和というんだよね。
 ……それに、みんなはたくさんの愛をもらって生きている……。
 世界中がたくさんの愛でつつまれればいいのにね。今も、今からもずーっと愛と平和の毎日でいっぱいになりますように。図工室から世界へ、ラブ&ピース。
[PR]
# by zukodaisuki | 2004-09-10 00:11 | 図工における Love & Peace

中野区立丸山小学校  永井和貴

 「先生、冷房つけて!ないの!」今年の夏は暑い。最高気温を更新する中、子どもたちは図工室へ勢いよくやってくる。子どもの熱気で図工室の気温は上昇。その中でも子どもたちは、ものやことや空間と心身の全てを使い交信し格闘し、たまに絵の具を洗うと称して水遊びをしたりして、フルに活動し自分の存在を手に入れたかのように元気に帰っていく。今、社会も教育も世界の秩序すらも急速に変化する中、子どもや学校を取り巻く環境も変わり、理解しがたいような子どもに関わるニュースにも見られるように子どもの様子も変わってきた。大人は子どもを理解することに苦しみ、この異常と思われる気候のように子ども(人間)の本質さえも変わっていくのではないかとさえ感じる。しかし、この暑さの中、図工室での子どもたちの姿と接するに限り、その姿にある子どもの本質のようなものには何ら変わりはないように思われる。
[PR]
# by zukodaisuki | 2004-09-10 00:09 | 図工における Love & Peace

豊島区立池袋第三小学校    矢木 武

b0013004_092874.jpgラブ&ピース、ラブ&ピース、ラブ&ピース、ラブ&ピース、ラブ&ピース、
ボクはラブ大好き、LOVE、愛、異性への愛、友への愛、故郷への愛、人類への愛、親の子への愛、神の我ら罪深い者達への愛、
ボクはピースが大好き、PEACE、平和、ボクが生まれたのは1943年、生家は焼かれ、十分に食べることも叶わず、母を病で失い、ボクも重い病に6年間をベッドで暮らし、その後遺症は今でもボクについて回る、世界にはもっともっと大きなものを失い、もっともっとつらい人生を送らざるを得なかった人々がもっともっと沢山いる、平和であればこんな事は無かった、確かに、ラブ&ピースは青春時代の黄金の言葉であった、
そして今、ヘイト&ウォーのこの世界、子どもたちにラブ&ピースと囁くことでこの子達が生きる未来が果たして変わるのだろうか? そう考えながらボクはじっと佇んでいる。
[PR]
# by zukodaisuki | 2004-09-09 03:03 | 図工における Love & Peace

ラブ&ピースによせて   豊島区立巣鴨小学校   庖刀 由利子


子どもは遊びを通して想像力を高め新しいものを創造していく。いろいろなかかわりを通して自分の夢を作り、さらには自分を構築していく。子どもの世界は脈絡もなく荒唐無稽の様だが、深く探っていくといろいろなものや人とのかかわりが、四次元空間のように時間を越えて存在していることに気付く。さらに、その広がりや奥行きには驚かされることが多い。同時に、それは子どもの真の喜びにつながっているとも思えてくる。
図工の時間の中には、子どもとその喜びを共有していると感じることがしばしばある。作品は子どもそのものであり、それが語りかける言葉や世界観はわれわれに子どものときの喜びを思い起こしてくれる。どうかこの世界がこのまま健やかなものでありますように!!ラブ&ピースそれは大人が果たすべき、子どもへの大きな責任でもある。
[PR]
# by zukodaisuki | 2004-09-09 03:02 | 図工における Love & Peace

豊島区立長崎小学校  堀口あや子

b0013004_025293.jpg 今年の夏は、能や歌舞伎を楽しみました。それぞれの所作には約束事、型があるわけですが、難しいことはわかりません。けれども人が想うかたちを物語や踊り、舞にのせてゆったりとした時間を与えてくれました。
 日本の伝統、文化の素敵なところを子どもたちと楽しみたい。総合や図工の時間にもいくつかそんな題材をとりあげました。
 これからは日本の伝統、文化の素敵は戦のない平和な時代が育んできたことを必ずつけ加えたいと思います。
[PR]
# by zukodaisuki | 2004-09-09 03:01 | 図工における Love & Peace

中央区立京橋築地小学校  高村弘志

今回、私としては初めてラブ&ピースを意識して図工をしました。
今までは、血がふき出したり、刃物がささっているような残酷なシーンを描いている子に、「何でそんなものを描くのですか、やめなさい。」などと教育的指導を入れたりしていました。
考えてみれば変な話で、それでいて、「描きたいものを描けばいいんだよ。」なんてことを言っていたワケですから、子どもにしてみれば、よけいなお世話でしかないんですね。消防の絵で火に水をかけているところが、いつの間にか戦争のように激しい戦闘場面になってきて、色をぐちゃぐちゃにしてみたり、救急車と事故現場を悲惨に描いていたのが、いつの間にか天国で、ほんわかムードになっていたりして、その時の子どもたちの顔はキラキラと輝いていました。
子どもは世界を写す鏡だと言われています。だとすれば、今、かなり強烈な警告を発しているんではないでしょうか。
[PR]
# by zukodaisuki | 2004-09-09 03:00 | 図工における Love & Peace

多摩市立多摩第三小学校  柴崎 裕

b0013004_23423772.jpg「心のノート」が7億円かけて子どもたちにプレゼントされた。このノート(中学生版では)を友だちにして、心の悪玉と善玉を見つめ、悪玉は駆逐し、善玉を育てようとノートは呼びかけている。
 子どもの息づかいは、決してこの時代の空気と無関係ではないはずはだ。なのにどうして子どもたちのひとりひとりの心の悪玉退治だけが言われているのだろうと思った。このノートはすごく正しい。しかしそれを読んだ私はなぜか悲しくなった。この時代に生きて行く、伸びていく、子どものため息にもならないため息のためにも、きっと図工はあるんだと思う。それが教育かどうかなんて、どうでもいい感じがしてきた。子どもたちに背負わせた荷物が、こんなにたくさんになっても、とんがり目玉で子どもたちは図工室にやってくるから。
[PR]
# by zukodaisuki | 2004-09-01 23:41 | 図工における Love & Peace